RSS | ATOM | SEARCH
「TAKUMI OPS PROシリーズ」のセットご購入で無料プレゼント!

JUGEMテーマ:車/バイク

 

今までに多くのお客様に「TAKUMI OPS PROシリーズ」のコンパウンドをご愛用頂いてまいりましたが、

 

その中の多くの方が効率の良い磨きをされていないように見受けられました。


この原因としては、推奨されたポリッシャーとは違ったポリッシャーを使用されたり、バフも別のバフを使用されたり、

 

また我流で磨かれたことにより「あまり上手に磨けない」とか「なかなかきれいに仕上がらない」などのご意見も賜りましたので、

 

このたび効率の良い磨きをしていただくためにマニュアルを新たに製作させていただきました。


このマニュアルは、車磨きが多少経験のある方や、プロの方でも「抑熱研磨は初めて」と言う皆様に向けたマニュアルとなっています。


よって、「独習シリーズ」のマニュアルと比べで扱い方、磨き方のみをご紹介させていただいています。


また、マニュアルに関しましてはすべて,

 

コンパウンドやバフは「抑熱研磨法」専用に開発したコンパウンドとバフ、

 

ポリッシャーは、RYOBI サンダポリッシャーRSE-1250で作業法をご紹介させていただいていますので、

 

マニュアル通りのバフとポリッシャーを扱いいただくことが重要です。


コンパウンドとバフはもちろんですが、ポリッシャーまでも指定させていただいたのは、

 

RSE-1250のオービット(偏芯幅)が2.5个函▲汽鵐瀬櫂螢奪轡磧爾涼罎任呂い舛个鷽兇衂が小ささいために失敗することなく、

 

高品質の仕上げが得られ、扱い易さで指定をさせていただきました。


更に専用パッドを使用することで作業効率の向上も図ることが出来ます。

 

物事の習得に当たっては、「守」、「破」、「離」と言う言葉があります。

 

 

「守」は、師や流派の教え、型、技を忠実に守り、確実に身につける段階。

 


まずはマニュアルに沿って、マニュアル通りに学習してください。


マニュアルを読破されるだけでも、概略が把握できるので磨きを全く知らなかった時よりも不安は 大幅に解消できるでしょう。


また、技術面だけでなく知識面でも基本的な事が習得できるように詳細に編集しています。

 

 

「破」は、他の師や流派の教えについても考え、良いものを取り入れ、心技を発展させる段階。

 


基本が習得出来たら、自分自身の改善策が見えてきますし、今後の技術アップのための方向性が見 えてきますので、

 

ご自分で「これは」と思われることはどんどん取り入れて試行されることをお勧 めします。


この段階では、コーティングショップを持たれることも可能なくらいのノウハウが付いているはず です。

 

 

「離」は、一つの流派から離れ、独自の新しいものを生み出し確立させる段階。

 


最終段階、と言うか塗装やボディの材質は日々進化するために「これでよい」と言うわけにはいき ませんが、

 

これらの技術の進歩にも「破」の段階をクリアすれば自然と対応力が付いていることで しょう。


(※「守」、「破」、「離」の意味に関してはコトバンク、デジタル大辞泉から引用させていただきました。)

 

磨きの知識や経験が全くない方は、とにかく「守」の段階を特に重視してじっくりと完全に習得するようにしてください。


実際、「磨きの経験者よりも全くの未経験者のほうが呑み込みが速い」と言うのは実証済みなのです。


なぜなら、素直に雑念なく学ぶことが出来るからです。


独習者の方々の中では、いきなり「スクラッチシールド」をきれいに磨かれた方も実際にいらっしゃいます。

 

                                   

                              以上、「活用マニュアル」より抜粋

 

詳しくはこちらから→

author:riverail, category:車磨き, 13:04
comments(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 13:04
-, -
Comment