RSS | ATOM | SEARCH
ガラスコートの被膜の剥離や磨きって大変ではありませんか?
JUGEMテーマ:カーコーティング

多くの「ガラスコート」と呼ばれているコート剤は、高硬度なためにメンテナンスや再施工の場合、「劣化被膜を磨いたり、また剥離するのは大変」と言う事をよく耳にします。

そこで、すでに販売をさせていただいている「Riverail Glass Coating System」(以下、RGCSと呼びます)に、非常に施工や再施工が簡単な超撥水ガラスコートの施工法を開発いたしました。

ガラスコート、特に撥水コートの選択肢としては、主に、

●高硬度被膜である。(傷が入りにくい)

●撥水性に優れている。

●光沢に優れている。

●メンテナンスが簡単。

●防汚性や耐候性、耐薬品性に優れている。

などではないかと思います。

しかしながら、撥水コートは雨染みが目立ちやすいのが悩みの種(弊社ではSILICONE COATを塗布後にRV-G protect high gradeを塗布することで雨染みの付着を最大限抑えています。)で、

また、再施工の際、被膜が硬い為に一般のポリマーコートのように磨きで簡単に被膜を除去する訳にはいかないのが現実ではありませんか。

また、非常に作業効率の悪くなるのも否めません。

そこで、上記の撥水コートのメリットを出しながら、しかも被膜の剥離も非常に簡単なコーティング法をご紹介させていただきます。

このコーティング法は、まずRGCS工法によりベースコートとしてPrimary Coatを塗布することで高硬度被膜を形成し、その上に「RV-G protect high grade」を塗布する方法です。

RV-G protect high gradeは、ガラス系ポリマーコートで有機の持つ特徴である光沢や撥水性にに優れ、無機の持つ酸化劣化のない持続性に優れたハイブリッドなコート剤で上記の選択肢を全て網羅しています。

しかし、このコート剤は硬化被膜は形成するのですが、被膜硬度が低いことが難点のためこれを補うためのPrimary Coatなのです。

RV-G protect high gradeはIPA(イソプロピルアルコール)で簡単に剥離が出来ます。

RV-G protect high gradeの被膜がなくなってもPrimary Coat被膜はしっかりと残りますので被膜硬度は確保しつつ、Primary Coatの被膜の状態が良ければそのままRV-G protect high gradeを塗布するだけで再施工は終了です。

以後のメンテナンスは、

ユーザーサイドで行われる場合は、その都度水洗い、もしくはシャンプー洗車をしていただくか、もしくは、メンテナンスシャンプーコーティングリキッドを販売してこれでメンテナンスをしていただければよいですし、

ショップにてメンテナンスをされる場合は半年ごとなら「RV-G protect New Type」1年もしくは2年ごとのメンテナンスなら上記の方法でRV-G protect high gradeを塗布するだけで十分です。

詳しくは「Riverail Glass Coating System」をご覧ください。
author:riverail, category:ガラスコーティング, 09:55
comments(0), -
今お使いのコート剤の密着性を高める完全無機質コート剤「Primary Coat」をセットにしました。
JUGEMテーマ:車/バイク

Primary Coat(プライマリーコート)は、大気中の酸い瓶と反応してシリカガラスに転化するパーヒドロポリシラザン(以下PHPSと呼ぶ)を主成分としたアクアミカで製造された完全無機質なガラスコート剤です。

Si(珪素),N(窒素),H(水素)のみから構成されるアクアミカが、Si(珪素),O(酸素)から構成されるシリカガラス(SiO2)へと変化し、完全無機膜を形成することで被膜の硬さや耐久性、親水性が得られ、防汚性や防食性、防傷性を向上させます。

通常、特に撥水コートでは直接塗装に塗布しても密着性はあるのですが、無機コートやフッ素コートなどは有機質の塗装に直接塗布しても密着力が弱い為に被膜の持続性も左右されてしまうのです。

よって、無機やフッ素コートの持続力を高めるには、塗装面との密着性を上げることが必要となってきます。

そこで密着性を高めるためには塗装表面に無機の被膜を作ってやることでこの弱点をカバーし、且つアクリル樹脂や最近の車の塗装であるウレタンと相溶(2種類または多種類の物質が相互に容易に結合する性質や傾向)するために非常に高い密着性が得られる「アクアミカ」を採用したのが「Primary Coat」なのです。

Primary Coatは、完全硬化すればシリコーンハードコートの約4倍、ポリカーボネートの約10倍と言う非常に硬い被膜が形成されるため、塗膜への汚れの浸透を防ぐことが出来るので、汚れがついても雨や水洗いで簡単に落とせ、傷が入りにくくします。

(以上、AZ エレクトロニックマテリアルズ株式会社のアクアミカ技術資料より)

「Primary Coat A・Bセット」は、弊社の完全無機質ガラスコート(Silica Coat)やフッ素コート(F coat)だけでなく、SILICONE COATのような撥水コートだけではなく、その他の親水・撥水・フッ素系のガラスコートの密着性を高め、被膜特性や硬度を向上させることを可能にしました。

詳しくは「Riverail Glass Coating System」および「完全無機質親水コート」をご覧ください。
author:riverail, category:ガラスコーティング, 10:15
comments(0), -
手塗のガラスコート(弊社商品)は手間がかかるのでやりたくなかった
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

     ガラスコート、手塗の時はやるのが嫌だった・・・。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

お世話になります。

先日、「Quick SILICONE COAT セット」のカタログをお渡ししていたお客様から、改めて問い合わせがありました。

どんなものか見てみたいとのことで、黒の実車のボンネットでデモをご覧いただきました。

車自体、そんなに目立った傷はなく、少しくすみがちではありましたが、まず、深い傷のみウールバフW-125とF cutで磨き、後はウールバフW-125とグレージングポリッシュクリヤーを塗布しました。

●「きれいになったね。グレージングポリッシュは研磨剤がは入っとるん?」

○「いいえ、研磨剤は入っていないのですが、ウールバフを使うことによって傷をきれいに埋める事が出来るんです。」

●「確かに傷は見えんよ〜になった。これは簡単でええね。光沢もバッチしじゃない。」

○「塗布後は20〜30分乾燥させてください。」

●「乾燥させんかったらどうなるん?」

○「乾燥させずにコーティングをすると、シリコーンコートは大丈夫ですが、特に溶剤を多く含んだガラスコートは拭取りの時にグレージングも拭取られて傷が現れる場合があります。」

グレージングを塗布後、デモの為10分位の乾燥でシリコーンコートをサンダポリッシャーで塗布しながら拭取っていきます。

●「え〜っ、これだけ?速いじゃん。」

●「今までの手塗は、1回塗ってインターバルを置いてもう1回塗らんといけんかったじゃろ、施工が下手したらゆうに1日はかかったりするので、実はあんまりやりと〜(やりたく)なかったんよ。」

○「それで最近ガラスコートの注文がなかったんですね。実は私もそうではないかと思ってシリコーンコートのカタログをおもちしたんですよ。」

●「これならもう1回やってみようかという感じになるね。」

●「所で、なんでシリコーンコートと言う名前なん?ガラスコートじゃないん?」

○「○○ーツのポリシラザンを除いて一般的にガラスコートと言っているほとんどはシロキサン或いはシラン系などと呼ばれるシリコーン成分なんです。シリコーンコートも成分がシリコーンなのでそのままシリコーンコートと名付けたんです。」

●「でも、やっぱりガラスコートがはやっているんで、お客さんの受けはどうなんじゃろ?」

○「大丈夫だと思いますよ。今までを思い出してみてください。お客様から『ガラスコートをしてほしい』と言われた事はどのくらいありますか?ほとんどはこちらからおすすめしたものをされませんか?ガラスコートと言われるお客様には『ガラスに似た被膜を作ります。』とか、『ガラスは無機で酸化劣化がない事が大きなメリットで、それに比べてシリコーンはガラスの無機質の良さと、クラフトテープ(多くの方がガムテープと言われていますが)の表面のようにつるつるしているので汚れが付きにくく、ついても落としやすく、また撥水性や光沢を出す無機質にはない有機成分の両方の良さを持っています。』とお客さんに説明してください。また、シリコーンコートは『溶剤で薄めていない高濃度のガラス状被膜コート』と説明していただければいいんです。」

●「まあ、そこまで聞かれるお客さんはおらんと思うけど、作業が楽なのが気に入った。」

と、現在積極的に販売していただいています。

現在、シリコーンコートを扱っていただいているお客様はすべてと言っていいほど実際にデモをご覧になって切り替えていただいています。

遠方の皆様にはデモをご覧いただく事が無理なので、実際のデモのやり取りを文章にしてご紹介させていただきました。




author:, category:ガラスコーティング, 08:30
comments(0), -
手塗のガラスコート(弊社商品)は手間がかかるのでやりたくなかった
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

     ガラスコート、手塗の時はやるのが嫌だった・・・。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

お世話になります。

先日、「Quick SILICONE COAT セット」のカタログをお渡ししていたお客様から、改めて問い合わせがありました。

どんなものか見てみたいとのことで、黒の実車のボンネットでデモをご覧いただきました。

車自体、そんなに目立った傷はなく、少しくすみがちではありましたが、まず、深い傷のみウールバフW-125とF cutで磨き、後はウールバフW-125とグレージングポリッシュクリヤーを塗布しました。

●「きれいになったね。グレージングポリッシュは研磨剤がは入っとるん?」

○「いいえ、研磨剤は入っていないのですが、ウールバフを使うことによって傷をきれいに埋める事が出来るんです。」

●「確かに傷は見えんよ〜になった。これは簡単でええね。光沢もバッチしじゃない。」

○「塗布後は20〜30分乾燥させてください。」

●「乾燥させんかったらどうなるん?」

○「乾燥させずにコーティングをすると、シリコーンコートは大丈夫ですが、特に溶剤を多く含んだガラスコートは拭取りの時にグレージングも拭取られて傷が現れる場合があります。」

グレージングを塗布後、デモの為10分位の乾燥でシリコーンコートをサンダポリッシャーで塗布しながら拭取っていきます。

●「え〜っ、これだけ?速いじゃん。」

●「今までの手塗は、1回塗ってインターバルを置いてもう1回塗らんといけんかったじゃろ、施工が下手したらゆうに1日はかかったりするので、実はあんまりやりと〜(やりたく)なかったんよ。」

○「それで最近ガラスコートの注文がなかったんですね。実は私もそうではないかと思ってシリコーンコートのカタログをおもちしたんですよ。」

●「これならもう1回やってみようかという感じになるね。」

●「所で、なんでシリコーンコートと言う名前なん?ガラスコートじゃないん?」

○「○○ーツのポリシラザンを除いて一般的にガラスコートと言っているほとんどはシロキサン或いはシラン系などと呼ばれるシリコーン成分なんです。シリコーンコートも成分がシリコーンなのでそのままシリコーンコートと名付けたんです。」

●「でも、やっぱりガラスコートがはやっているんで、お客さんの受けはどうなんじゃろ?」

○「大丈夫だと思いますよ。今までを思い出してみてください。お客様から『ガラスコートをしてほしい』と言われた事はどのくらいありますか?ほとんどはこちらからおすすめしたものをされませんか?ガラスコートと言われるお客様には『ガラスに似た被膜を作ります。』とか、『ガラスは無機で酸化劣化がない事が大きなメリットで、それに比べてシリコーンはガラスの無機質の良さと、クラフトテープ(多くの方がガムテープと言われていますが)の表面のようにつるつるしているので汚れが付きにくく、ついても落としやすく、また撥水性や光沢を出す無機質にはない有機成分の両方の良さを持っています。』とお客さんに説明してください。また、シリコーンコートは『溶剤で薄めていない高濃度のガラス状被膜コート』と説明していただければいいんです。」

●「まあ、そこまで聞かれるお客さんはおらんと思うけど、作業が楽なのが気に入った。」

と、現在積極的に販売していただいています。

現在、シリコーンコートを扱っていただいているお客様はすべてと言っていいほど実際にデモをご覧になって切り替えていただいています。

遠方の皆様にはデモをご覧いただく事が無理なので、実際のデモのやり取りを文章にしてご紹介させていただきました。




author:, category:ガラスコーティング, 08:30
comments(0), -
ガラスコートをしても後からバフ傷が出てくる
昨日、あるメーカーのガラスコートを扱われている板金・塗装工場のお客様をお尋ねしました。

・ガラスコートの売れ行きはいかがですか?

「あまりやっていない」

・なぜですか?売りにくいのですか?

「否そうじゃない。コーティングしてしばらくするとバフ傷が出てくるんよ。」

「けっこう、バフ傷は目立たないくらいに磨いているんだが。」

・もしかして、コート剤には溶剤が含まれているのですかね?

・結構、溶剤を含んでいるものが多いですからね。

「その辺はよくわからん。」

・そういえば、いいのがありますよ。

・傷を埋めながら磨くポリマーでGlazing Polish Clearと言うのを出しました。

・#3000のペーパー傷が簡単に見えなくなります。

「ほんとかね〜ぇ」

・実際に見てみます?

「じゃあ、パネルを持ってくる。黒がええじゃろ〜ね」

・#3000のペーパーをかけてみてください。

と、なぜか2か所にペーパーをかけられました。

・じゃあやって見ますね。

まず、広くペーパー掛けしたほうをGPとウールバフW-125で磨いてみました。

・え〜っ、何かすっきりしないですね。

・これってペーパー傷ですよね。

「じゃね」

・消えてない・・・。

・なんで?冷や汗

「ごめん、ここは#2000をかけてみた」

・ひどいですね。悲しい

・じゃあ、狭いほうをやってみますね。

きれいに消えました。

・もう少し広めにしてみましょうか。

改めて広めに#3000でペーパー掛けをしてもらいました。

「じゃあ、これにガラスコートをしてみよう。」

ということでガラスコートをして拭き取ったところ、広めにペーパー掛けをした部分はペーパー傷が現れてきました。

「やっぱり出るね」

・乾燥させていなかったからですかね。

・じゃあ、先にやった狭い部分をしてみましょう。

狭い部分はGPを塗布して10分くらい経っていたので傷は現れませんでした。

「たしかに、これは楽じゃね。」

「下地処理が一番ネックじゃったんよ。」

ここで分かったことは、やはりGlazing Polishは乾かしてからコーティングをしないとコーティング剤の溶剤で取れてしまうことが解明されました。

また、傷を消せるのはせいぜい#3000程度の傷までと分かりました。

しかし、#3000の傷が消せるということは、バフ傷は簡単に消せるということです。

また、ガラスコートは、SILICONE COATだけでなくこのガラスコートにも使用できることも分かりました。拍手
author:, category:ガラスコーティング, 07:05
comments(0), -