RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
水性および水溶性コンパウンドを使うメリットは


JUGEMテーマ:車/バイク

 

「ダブルアクション用水性研磨剤」の内容を一部改訂いたしました。

 

水性および水溶性コンパウンドを使うメリットは、


研磨力が上がるだけでなく、

●研磨カスの排出性が良いのでバフの目詰まりがしにくい。

では「研磨カスの排出性が悪い」とは、どのような事かと言うと、

「全くと言っていいほど研磨カスが出ない」と言う事ですよね。

では、研磨カスはどこに行ってしまったのでしょうか?

み〜んなバフの中にとどまっているのです

だから飽和状態になったり目詰まりを起こして、すぐに研磨できなくなってしま

  います。

中には切れないからと言って、頻繁にコンパウンドを補充する方もいらっしゃる

  と思います。

研磨カスがバフの中で飽和状態になると、いくらコンパウンドを付けようが切れ

  は戻りません。

時折バフクリーナーでクリーニングをしたところで、すぐに切れなくなります

  し、バフに固着した研磨カスや研磨粒子は完全には除去できません。

皆さんもご経験あると思いますが、下の写真のように




黒いバフで磨き、バフをブラシなどでクリーニングをしてももとの黒色には戻ら

  ず、写真右のようにグレーになるのがせいぜいですよね。

グレーと言う事は、研磨カスやコンパウンドの粒子がまだ残っていると言う事で

  すよね。

この状態で磨いても、この残った固着粒子が傷をつけるのでバフ傷が残ったよう

  にすっきりとした仕上がりりならない一因であると考えているのです。


だから、きれいな仕上げをするためには、常にきれいなバフを使う事が重要だと思います。

 

続きはこちらから「ダブルアクション用水性研磨剤

 

 

author:riverail, category:車磨きのコンパウンド, 16:25
comments(0), -