RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
日産フーガのスクラッチシールド(ガーネットブラック)を磨きました。

この記事は2014.02.22に投稿したものですが、今回「スクラッチシールド」に関する新たなブログを掲載しました。

 

最下部の「磨きとコーティングの参考書」をご覧ください。

 

 

 

一昨日、中古車販売をされているお客様から、

「日産のフーガを磨きたいのだけど、スクラッチシールドらしい。どうやって磨けばいい?」

とお問い合わせがありましたので昨日お伺いをしました。

伺ってみると、スクラッチシールドとはいえ、下の写真の通り、

拭き傷や雨ジミだらけでした。
 

 

フーガ磨き前

 


通常では、「拭き傷程度なら復元する」と考えがちですよね。

実際にスクラッチシールドの膜厚は35μmあるそうですので、

「そう簡単には塗膜が切断されることはない」

と当然、考えがちです。

よ〜く考えてみてください。(私もよ〜く考えてみました。)

日産の見解では、

「洗車によるスリ傷、日常での引っかき傷程度なら時間がたてば復元する。」そうですが、

「クリヤー塗装がはがされるような深い傷や、クリヤー塗装が切断された場合は復元しない。」

とのことでした。

「洗車によるスリ傷、日常での引っかき傷程度」とは、タオル傷(タオルの繊維での傷)や、分かりやすく表現すれば、塗膜が切断されない程度の傷。

つまり、「凹んだ状態の傷程度なら復元しますよ。」

と言うことではないかと考えられます。

先ほどの写真のような傷は、砂埃などでついた傷で、塗膜の表面を切断した傷なのでしょう。

だから、洗車の時は砂埃などをこれらで傷がつかないように細心の注意をしながら落としてから洗車をする事が重要と言う事ですよね。

これは洗車では常識ではありますが、ただ一般のユーザーの皆さんのどれだけの方々がこれを守って洗車をされているかです。

考えてみると、この塗装は「ほとんどが磨きが必要になる可能性の多い塗装」と言う事ですよね。

また、プロショップもこの塗装の磨きは手間がかかり、ご苦労をされている所も多いのではないかと思います。

よって、この事を逆手に取るとスクラッチシールドやセルフレストリングコートなどを速くきれいに磨けば、他店との差別化も図れますし、

「この店は『腕がいい』」となりませんか?

前置きが長くなりました。

さて、このフーガを磨くわけですが、

建屋の中で磨こうと、

「社長、ハロゲンライトがありますか?」

とお伺いしたら、社長は、

「ない。」

とのことでした。

仕方がないので、太陽のもとで磨く事にしました。

今の時期は、午前中は太陽光もさほど熱くもなく、雲も多く、無風だったのでそう決めました。

傷の状態も太陽光のほうがよくわかりますしね。

磨きの方法は「抑熱研磨」です。

TAKUMIを使って、社長はあまり磨きはやった事がないと言われたのですが、

今後の事も考えて、最初だけ私のデモを見ていただいてから実際に社長に磨いていただきました。

 

 

フーガ磨き

 


様々なサンダポリッシャーがありますが、リョービのこのポリッシャーが軽くて片手でも扱えるのでお勧めです。(安いですしね。でも丈夫ですよ。)

まずM cutとTAKUMI ウールバフW-125で全体を磨いていきました。

すると深い傷だけが残り、これらの傷をF cutとW-125で磨いていきました。

F cutは、#1500程度のペーパー傷が除去できる粒子の大きさを均一にした砕けやすい研磨剤と、#2000程度のペーパー傷が除去できる極細クラスの研磨剤、

それに0.数μmの数種類の研磨剤を超微粒子程度の大きさに凝集させた研磨剤をブレンドしたコンパウンドです。

この0.数μmも数種類の研磨剤を超微粒子位に凝集させた研磨剤は徐々に細分化し、一番小さい粒子で約0.2μm程度にまで小さくなります。

よって、硬いと言われる粒子密度の高い塗装(スクラッチシールドなどもこの類です。プラス弾力性のある塗装となりますが)は、表面が平坦で滑らかなために、大き目の粒子では磨くのは困難です。

しかし、F cutに配合されている大き目の研磨粒子や極細クラスの研磨剤は粉砕型の為砕けて小さくなっていき、

研磨剤の酸化アルミ(アルミナ)は、(最近では、ほとんどのコンパウンドに使われていますが)モース硬度9という硬さ(参考:ガラスがモース硬度4.5〜6.5、鉛筆硬度6)の為に優れた切削性があります。

また、超微粒子程度に凝集させた研磨剤が細分化していくために中間から仕上げ、鏡面仕上げまでをこれ1本で出来るように考えられたコンパウンドです。

単に「拭き傷」と言っても傷の深さは様々です。

特にこのような、深さの違う多くの傷を除去する場合には非常に効率よく研磨作業が出来ます。

が、今回のようにまずM cutで大まか傷を除去して、残った深い傷をF cutで磨いた方が効率は良いようです。

F cutで研磨した後は、何もしなくてもバフ傷が目立つ事はなく、仕上がりは下の写真の通りです。

 

 

フーガ磨き後



塗面の状態が良ければそんなに時間はかかりません。

悪い場合は、この工程で対応でき、従来の工法よりも速いと思います。

ガラスコートなどの下地処理の場合は、G cutとスポンジバフ、またはGlazing Polish Clearとウールバフ、もしくはスポンジバフで磨くとさらに光沢に優れた仕上げが出来ます。

今回はRV-G protect high gradeを塗布する事にしました。

 

「スクラッチシールド」に関してはこちらもご覧ください。

 

磨きとコーティングの参考書

 

 

author:, category:磨き, 10:50
comments(0), -
リベライルの水性・水溶性コンパウンドの変革

JUGEMテーマ:車/バイク

 

リベライルでは、2005年から車磨き用として水性コンパウンドを販売してまいりま

 

した。

 

当時の「磨き」の考えは、『コンパウンドの溶剤分とポリッシャーの研磨熱で塗

 

装を柔らかくして磨く』と言うのが一般的な考え方だったように思います。

新規開拓先(特に鈑金塗装業が多かったのですが、)でも少なからずそのようなこと

 

を聞かされた記憶があります。
 

 

2005年から販売を開始した研磨剤は、当時お得意先であったコーティングショップ

 

の社長が考案された水性コンパウンドで、「これを販売してみないか」と声を掛けら

 

れたのが私が車磨き用のコンパウンドを扱うきっかけとなったのです。
 

 

このコンパウンドは水性であるだけではなく、毛先の柔らかい20个猟垢気離愁侫

 

ロングウールバフと極細と超微粒子目の2種類の厚みが50mmくらいあるスポンジ

 

バフで磨くというものでした。
 

 

当時の私は、今では大部分の方が知っている車のガラスコート剤「クオーツ」(これ

 

も以前、勤めていた時代にお世話になった関ペの代理店の社長に「扱ってみないか」

 

と声を掛けられた商品ですが)をはじめとする車のボディーコートやメンテナンス

 

剤、ホイル用ガラスコート剤を専門に日々新規開拓をしながら販売をしていて、車

 

磨きに関しては全くの素人でした。
 

 

が、コンパウンドの開発者であるコーティングショップの社長に車磨きの基本を1日

 

だけでしたが教えてもらい、いきなりデモをしながら新規開拓を始めました。
 

 

当時、水性コンパウンドと言うものが全くと言って良いほど世に出回ってはいません

 

でした。
 

 

だからか興味は持っていただけるのですが、デモとなると、にわか作りの技術と知識

 

しか持たない私が行うデモは始めからうまくいくはずがありませんでした。
 

 

が、そんな時は正直にお客様には謝って、逆に教えていただくこともありましたし、

 

社長に聞いたりしてすぐに解決するように努力をしたものです。
 

 

研磨熱が高くなりやすいシングルポリッシャーでしかも水分が蒸発しやすい水性のコ

 

ンパウンドでは焼き付きやカラミ、パネルのエッジやプレスラインでの過研磨、白ボ

 

ケと様々なトラブルも結構経験しました。(修理のための交換済みのパネルを使って

 

いたので安心でしたが・・・。)
 

 

おかげさまでこれらの経験により、比較的早く磨きのスキルや塗装の知識が身につい

 

ていったのです。
 

 

今思うに、私がここまでこれたのは、これらの様々な経験ができたことと、何といっ

 

ても塗装を知っている鈑金塗装業を主に開拓していったのが良かったと思います。

 

 

もちろんコーティングショップも飛び込んではいましたが、鈑金塗装業界のほうが3

 

倍位訪問したでしょうか?
 

 

鈑金塗装業界を回るにつれ、正直言って磨きに関しては塗装の知識が豊富な鈑金塗装

 

業界方々の割には結構「磨きを軽視する」方々が多かったのも驚かされました。
 

 

「塗装仕立ての磨きが一番難しいのに・・・。」
 

 

埃だらけの暗い工場で、しかもカピカピの汚れたバフで磨く・・・。

 

 

そんな中でも、デモを見ていただき実際に使っていただくと9割がた導入していただ

 

けたのです。
 

 

が、1か月くらいして伺ってみると導入された約半数の所がこれらのコンパウンドは

 

使わず、元の状態に戻っていました。
 

 

何故かと言うと、じっくりと磨くことが耐えられず「我流」に戻っていたのです。
 

 

説明通りにされている方は「これは良い」とか「きれいに仕上がるようになった」、

 

「バフ目が目立たなくなった」などご好評をいただいたのも事実です。

(このようなお客様は現在でもご愛顧いただいています。)
 

 

そんなこんなでも、おかげさまでこの水性コンパウンド「RV-G polish cut1,2,3」

 

は多くの方に使っていただくようになり、インターネットでもカーケミカルよりも

 

売れるようになりました。
 

 

RV-G polish cutシリーズはよく切れて仕上がりもよかったのですが、粘度が非常に

 

低い為に垂直なドアなどではパネルに直接つけると水のようにすぐに垂れたりするの

 

でバフにつけて磨かなければならなかったのです。
 

 

この不便さをクリアするために2008年ごろからは費用対効果の高いRV-G polish

 

cutシリーズの後継として、少し粘度を高めた水溶性のRV-G polishシリーズとし

 

C-CUT,C-2000,C-3000,MC-L,MC-Sと言う新しいラインナップで販売を開始しまし

 

た。
 

 

その後、好意にさせていただいているケミカルメーカーよりサンダポリッシャー用の

 

コンパウンドとオリジナルのバフ(ウールバフはカットシリーズのロングウールバフ

 

の小径バージョンに似ています)で磨くと言うものでした。
 

 

このシリーズは2010年より「One Polish Systemシリーズ」として販売を開始しま

 

した。
 

 

RV-G polish cutシリーズのソフトロングウールバフもそうでしたが、このウールバ

 

フは新しい時は非常に仕上がりが良いのですが、使っているうちに毛先が摩耗して短

 

くなり、硬くなって仕上がりが新しい時よりも著しく悪くなってしまうのです。

 

 

これをクリアーするために、2011年からは、OPSを改良して新規にコンパウンド

 

とオリジナルのウールバフ、スポンジバフを作りました。

 

 

また、磨きのトラブルの大部分が研磨熱が原因だと気づき、それなら『研磨熱を

 

抑えた磨き』を研究し、「抑熱研磨法」を開発したのです。

 

 

この研磨法は、これ専用に開発したコンパウンドとバフを「TAKUMIシリーズ」とし

 

て販売すると同時に、磨き方も従来の方法では効率が悪いので、効率よく磨く方法も

 

開発して、コンパウンド、バフ、磨き方をセットにして「抑熱研磨法」としました。
 

 

「抑熱研磨法」は、弊社の研磨剤は実際に多くの現場で、様々な塗装の状態でデモを

 

した経験や、現場からの直接の意見や感想を参考に、作業効率と仕上がりの良さを重

 

点に考え開発された研磨剤とそれ専用に制作したバフで、しかも作業効率の向上と仕

 

上げ精度の向上が図れるように磨き方までをも研究した今までにない全く新しい研磨

 

システムなのです。
 

 

但し、「我流」ではいい結果は得られないと思いますよ。

詳しくは、「初めての車磨き独習セット」のページの「守・破・離」の部分をお読み

 

ください。

author:リベライル店長, category:コンパウンド, 16:03
comments(0), -
プロテクションフィルムのシミ(イオンデポジット)

JUGEMテーマ:車/バイク

 

昨日、お得意先に納品に行ったところこんな話を聞きました。

 

黒のベンツに雨染みがたくさん付いていたので磨いて除去しようと思ったが、

 

「何か違う!」

 

何とルーフにプロテクションフィルムを張っていたとの事。

 

プロテクションフィルムは、

 

傷がつきにくく、防汚性や撥水性も兼ね備えているので、

 

最近では徐々に増加傾向にあるようです。

 

が、撥水作用があるために雨染みが付きやすいようです。

 

磨くにあたり、販売会社に磨いて良いか問い合わせたところ、

 

「熱の発生するシングルポリッシャーは使わずに、熱の発生しにくいダブルアクションポリッシャーを使うように」

 

と、言われたそうです。

 

スクラッチシールドを磨くようにすればいいようですね。

 

プロテクションフィルムを張っているお客様には、

 

雨が降ればこまめに洗車をし、

 

流水をかける時も跳ねかえって水滴が残らないように気を付けるようアドバイスをするのもいいと思います。

author:リベライル店長, category:プロテクションフィルム, 12:05
comments(0), -
GF coatは汚れが付きにくい。

JUGEMテーマ:カーコーティング

 

前回ご紹介したお客様なのですが、

 

ガラスに塗布するフッ素コート「GF coat」は、ボディもできることをお話したところ、

 

早速塗布して独自に暴露試験をされていました。

 

パネルの半分に塗布してほおっておくという一般的な暴露試験です。

 

 

塗布してから半年近くほおっていたようですが、

 

確かに塗布側は全くと言っていいほど汚れが付いてはいませんでした。

 

 

フッ素コートは、撥水性に関しては現在あるどのコート剤と比べても撥水力は一番優れていると言われています。が、

 

私は、撥水力よりも「防汚性」に優れていると思います。

 

 

水垢の原因はほとんどが「油分が付着し、そこに汚れが着いたもの」と私は考えています。

 

 

よって、フッ素のもつ撥油性を考えれば、当然、水垢は付きにくいと考えられますし、

 

汚れが付いたとしても、除去は簡単なのです。

 

ただ、被膜が劣化したり、傷が入ると簡単ではなくなると思いますが・・・。

 

author:リベライル店長, category:フッ素コート, 08:30
comments(0), -
やっぱり親水コートって汚れにくいんだね。

JUGEMテーマ:カーコーティング

 

昨日、お客さんの所に納品に行ったところこんな感想を頂きました。

 

 

「やっぱり親水コートは汚れにくいね。

 

汚れがついても汚れが固着しないのか、比較的簡単に落とせるよ。

 

最近では、お客さんの反応もええよ。」

 

と、うれしいお言葉をいただきました。

 

 

 

「塗り方はどうされているのですか?」とお伺いすると、

 

「手塗り。」

 

「手塗りだと、最初ははじきませんか?」と伺うと、

 

「確かに最初ははじくこともあるけど、何回か重ね塗りをすると馴染んでくるよ」

 

との事でした。

 

 

 

「社長、ポリッシャーで塗布すると、1回で馴染むので塗布する時間が手塗りと比べてだんぜん早いですよ。

 

その分、2度塗をしても手塗りよりも施工時間は短いですし、

 

何といってもダブルアクションだと振動で塗装の凹み部分までしっかり液が入るので、

 

密着性も向上し、被膜性能も上がりますよ。」

 

とご提案をさせていただきました。

 

兼ねがね、ポリッシャーでの塗布は「傷がつくのでは?」と思われている方が多くいらっしゃると思いますが、

 

弊社では、特注のスポンジバフを製作して仕上げ磨きやコート剤の塗布も可能にしています。

 

よって弊社の撥水コート「SILICONE COAT」やガラスもボディも施工可能なフッ素コート「GF coat」、親水コート「Silica Coat」は、

 

ポリッシャーでの塗布にして作業時間の大幅短縮を実現しました。

 

現実に、お客様からの「傷がついた」などのクレームは現在の所、全くありません。

author:リベライル店長, category:親水コート, 08:29
comments(0), -